不倫慰謝料はどんなケースで請求されるの?


不倫慰謝料が請求されるのは、不倫によってパートナーが精神的な負担を受けたと見なされた場合です。いわゆる不貞行為の対価として支払われるのが不倫慰謝料であり、パートナーに対する謝罪の印でもあります。

ただし、不倫慰謝料が請求されたからといって、全て支払いの対象となるわけではありません。パートナーとの関係性や日常生活のあり方によっては、不倫慰謝料が減額されたり支払い対象から外れたりすることもあり得ます。

これらのケースの見極めは、法律の専門家によるアドバイスから導かれることが大半です。もしこのアドバイスに納得できないようなら、家庭裁判所など第三者機関を挟んで調停されることになります。

不倫慰謝料の仕組みは単純そうに見えて複雑に入り組んでいます。
不倫によるゴタゴタだけではなくお互いの利権関係が大きく左右されることもありますので、もし不倫慰謝料のトラブルに巻き込まれてしまったら専門家へ相談することをオススメしますよ。

不倫慰謝料の悩みを解決するための専門情報サイト!

不倫慰謝料について知りたい!

不倫慰謝料のトラブルに巻き込まれたら・・・

ピックアップ

不倫慰謝料(浮気慰謝料)のトラブルは行政書士村上事務所まで
不倫慰謝料(浮気慰謝料)のトラブルは行政書士村上事務所まで
不倫慰謝料のトラブルに巻き込まれたら専門家への相談がオススメです!
専門家ならではのアドバイスをしてくれるので正しい解決の道が開けます!トラブル解決の代行も依頼できるので困ったことがあれば相談してみましょう!

新着情報

Comments are closed.